薬剤性EDって何?

薬剤性EDって何?

薬剤性EDとは、病気の治療のために服用している薬の副作用が原因で起きるEDのことです。EDを引き起こす薬剤としては、降圧剤・精神安定剤・抗アンドロゲン剤などの薬剤があります。それぞれ種類別に見てみましょう。

降圧剤が引き起こすED

本来、高血圧の人は、血液の流れが悪くなり動脈硬化が進みます。それによる血流の停滞によって勃起不全になりやすいですが、降圧剤を使用することによって勃起不全のリスクが高くなります。

降圧剤は循環器系に作用する薬です。降圧剤によって起きるEDの原因は解明されていませんが、確実に降圧剤を使用している人のほうがEDである割合が高いことが証明されています。動脈硬化が起きている場合、降圧剤によって血圧を下げることによって、陰茎への血流量が低下することによってEDの原因として挙げられます。

EDになるのが嫌だからと言って降圧剤の服用を自身の判断でやめることは危険です。降圧剤の服用をやめたい場合を高血圧を下げるために食事に気を使うことが必要です。また医師との相談の上で降圧剤とのED治療薬の併用も可能となります。

精神安定剤などの治療薬によるED

精神安定剤・向精神薬・睡眠薬などの精神疾患の治療薬を服用することによりEDが起きるとされています。鬱状態の場合であれば、うつの症状として性欲の低下があげられるので治療薬による副作用であるとわからないことがあります。精神状態が安定しているときに性行為に臨んでも、勃起できずに、EDに悩まされることが多くあります。これは精神疾患の治療薬の作用である、セロトニンの濃度が増加することによって起きます。

セロトニンの増加によって末梢神経にドーパミンやアドレナリンを抑えるため性機能を低下させ、感覚の低下にもつながるので、オーガニズムを感じずらくなったり、遅漏、EDを引き起こします。

精神疾患の治療薬によって起こるEDにもED治療薬は有効とされています。EDに悩み続けて精神疾患を悪化させるよりもEDを改善することによって精神疾患の改善にもつながります。

抗アンドロゲン剤によるED

抗アンドロゲン剤とは男性ホルモンを抑制する薬のことです。男性ホルモン抑制剤とも呼ばれます。この薬は前立腺の治療や、男性型脱毛症の治療に使われます。男性ホルモンの中でも性欲や男性機能に影響を与えているのがテストステロンです。そのテストステロンの分泌を抑える薬なので副作用としてEDが起きてしまいます。ただし、性欲も同様に低下することがほとんどなので、EDに対しての苦痛は感じない人もいます。

投薬の中止後、テストステロンは少しずつ元に戻りますが、高齢になると回復に時間がかかるので、もともとの性機能を取り戻せない場合があります。この場合もED治療薬によって治療できます。

まとめ

まとめ

どの場合であっても、勃起不全を我慢することによって、ストレスをため込みがちになります。持病の薬はずっと飲み続けないといけないことが多く、その間ずっと勃起不全が続くのはとても辛いことです。一人で悩まず、ED治療薬に頼ってみましょう。

おすすめ通販サイト