器質性EDって何?

器質性EDとは身体に何らかの障害、異常があり、勃起を阻害している状態のことを言います。器質性EDには4の原因があります。

動脈硬化によるED

動脈硬化によるED

まず1つ目は一般的に多い、加齢が原因でひき起こされる動脈硬化によるEDです。加齢によって起こるEDは30代から40代にかけて自覚する人が増加します。加齢に伴い血流が衰えることによって起きる動脈硬化のほかに、糖尿病・肥満・高血圧などの生活習慣病によって動脈硬化がおき、EDになる場合も非常に多いです。その中で特にEDになりやすくなるのが、糖尿病なので注意しなければなりません。加齢によるEDは自分で食生活を見直して生活習慣病を治すことや、適度に運動をして健康になることでEDを改善することができます。

事故など外傷が原因のED

2つ目は事故や手術の際に受けた外傷で、神経を損傷することで起こるEDです。事故、前立腺の手術、その他の手術で陰茎へつながる神経・血管を損傷することで、全く勃起ができない状態や、勃起はできるが中折れするなどの勃起不全に陥る場合があります。特に脊椎を損傷してしまいEDになった場合は完全な勃起不全となってしまう確率が高いようです。

病気が原因のED

3つ目は病気による神経の障害で起きるEDです。中枢神経と末梢神経によって、性的刺激が伝達されることで、勃起が起きますが病気によって神経障害が起きている場合、性的刺激が伝達されず、正常な勃起が難しくなります。

軽度であればペニスの感覚がなくなることによって、快感が少なくなる、射精不全など、重度であれば完全な勃起不全になる場合があります。

EDの原因になるとされている末梢神経障害には糖尿病神経症・パーキンソン病・脳腫瘍などがあります。知名度が低く、自分でもなぜEDが起きているか分からず悩むことがあるのがこのタイプです。

男性ホルモンが原因のED

4つ目は男性ホルモンが減少することでおこるEDです。加齢に伴って女性同様に男性のホルモンバランスにも変化が出てきます。これを男性更年期と言います。30代から徐々にテストステロンの分泌が減り、40代50代では血液中のテストステロンは極端に減少します。
テストステロンが減少することで、ドパミンの放出量が減り、性欲が減少することでEDとなります。また増血作用の低下にもつながるので勃起不全になりやすくなります。ストレス・喫煙、飲酒によってもテストステロンが減少することが分かっています。

まとめ

器質性EDはほかのEDと違い、完全な勃起不全を起こすことがあります。完全な勃起不全である場合はED治療薬での治療は効果を得られないこともあります。神経が完全に断裂していない場合であれば治療薬をつかった治療もできるので医師への相談の上で服用してください。

おすすめ通販サイト