バイアグラの意外な誕生秘話

バイアグラの意外な誕生秘話

男性なら誰でも夢見る、強力な勃起力。それを実現させてくれる夢の薬「バイアグラ」。飲むだけでインポテンツを改善してくれる他にない素晴らしいお薬です。この「バイアグラ」はどのようにして作られたのでしょうか?

バイアグラの成分「シルデナフィル」は本来、狭心症の薬として、1992年にアメリカの製薬会社ファイザー社により開発・研究が始まりました。シルデナフィルには心臓の血流を強める効果があるため、期待されていましたが、残念ながら臨床試験の結果は、狭心症への効果はほとんど得ることができず、中止することが決まりました。

臨床試験が終わり薬の回収を始めましたが、被験者の男性の中には余った薬を返すのを嫌がる人が出てきたのです。理由を聞いたところ、少しばかりではありますが、陰茎の勃起が促進されていることが分かりました。

これをもとシルデナフィルには陰茎への血流を増やすことができることが分かり、ファイザー社は新たな研究を始めました。すでにシルデナフィルでの臨床試験は済んでいたので、実験にそれほど時間がかからず研究することができました。そうして世界で初めての経口勃起不全治療薬が完成したのです。

完成した薬の強力さゆえに「vital(生き生きとした)」+「Niagara(ナイアガラの滝)」を掛け合わせ「VIAGRA」と命名しました。(諸説あります。)

バイアグラの気になる副作用

バイアグラの気になる副作用

バイアグラの副作用としては、顔のほてりや目の充血が挙げらます。医師の処方やバイアグラ通販によって購入し服用した約9割の方に、この症状が現れます。そのため、顔のほてりや目の充血は、バイアグラの効果が現れた合図と考えることもできるのです。

他に多く見られる副作用としては、鼻づまりや頭痛、動悸が挙げられます。また、目が光に過敏になり、色が変化して見えることがあるため、服用して作用しているときに車の運転は避けなければなりません。
こうした副作用は、バイアグラの効果が持続している4時間~6時間でおさまるのであれば、あまり気にする必要はありません。これを超えて、副作用の症状が持続する場合や、症状が酷い場合には、医師に相談するのがおすすめです。

おすすめ通販サイト