バイアグラの正しい服用方法

バイアグラは医薬品です。そのため、容量・用法を守らなければ危険を伴う場合があります。そこで服用方法、副作用、注意点についてチェックしましょう。

服用方法

服用方法

・食前に服用しましょう。

バイアグラは食事の影響を受けやすい薬です。食事の後に服用してしまうと薬の成分の吸収を阻害し効果が出づらくなります。どうしても食事をしたい場合はなるべく時間を空けてから服用するようにしてください。脂っぽい食事・食べすぎは効果を弱めるだけではなく、副作用を強めることがあります。

・性行為の一時間前に服用しましょう。

バイアグラの効果は30分ほどで現れます。服用から1時間で効果のピークを迎えます。
個人差はありますが約5時間程度勃起が持続します。

・できるだけ水で服用するようにしてください。

副作用

副作用

次に副作用として起こる症状です。

・顔のほてり、目の血管拡張(充血)

これは血流を促進することにによっておこるので、バイアグラの効果の表れとも言われています。

・頭痛、めまい

この症状を訴えるひとが多いようです。

・吐き気、嘔吐

バイアグラが体に合わない人に見られる症状です。

注意点

注意点

・バイアグラによって性欲が増進することはありません

よく思われているのが興奮作用ですが、バイアグラ事態に興奮させる作用は入っていません。性的刺激を受けたときのみ効果を発揮します。

・早漏防止効果はありません

早漏防止ではないので、射精までのスピードは変わりません。しかし、射精後からの復活をサポートするので2回目・3回目のセックスを楽しむことができます。

・精子の量が増えるわけではありません

年齢・体質にもよりますが、精子の量が増えるわけではないので射精できないことがあります。あくまでも勃起のサポートなのです。

・併用禁止薬というものが存在します。

硝酸剤(ニトログリセリン)、塩酸アミオダロン、

・グレープフルーツにはバイアグラの効果を強める働きがありますが効果のみではなく副作用を強める可能性があるので、併用はやめましょう。

・心臓が弱い人は心臓に負担が大きくかかるため服用できません。

・重度の肝機能障害をお持ちの方は服用できません。

・低血圧、高血圧の人は服用できません。

・脳梗塞、心筋梗塞を発症後6か月以内の方は服用できません。

体に不調が生じた場合は必ずお医者さんの指示に従いましょう。

まとめ

まとめ

服用方法も守ることによって、より強力に勃起をサポートしてくれます。また、服用にあたって注意しなければいけないことも多々ありますのできちんと理解する必要があります。バイアグラを上手に使って、楽しいセックスライフを送りましょう。

おすすめ通販サイト